KOTOKAの木型

平らな革を木型に合わせて成形することで立体的な靴が出来上がり、木型の形が靴の姿になります。
靴の履き味は、その木型の形と履く方の足の形の組み合わせで決まるのです。
KOTOKAで使っているのは専用に開発した2タイプの木型。
それぞれに、男性の足に合わせたメンズ、女性の足に合わせたレディースの2種類を使い分けております。
ここでは、その特徴について説明いたします。

オブリークメンズ
  • オブリーク
    メンズ

  • 多くの靴は、人の足の形よりも細く突き出たつま先を持っています。足の入らない「捨て寸」と呼ばれる空間を設けることで、靴をスマートな形にしているのです。
    オブリークは、この「捨て寸」を小さくして人の足の形に近づけた、いわば「足なり」型の木型。足指あたりを幅広にとり、幅の広い足でも圧迫感がないように設計されています。

    [フィットについて]
    「EE」相当のやや幅広の木型です。
    細身のドレス革靴を履かれている方は、現在お履きの靴のサイズより、0.5cm〜1.0cm程度小さいサイズを、幅広の靴をお履きの方は、現在お履きの靴のサイズと同じ、または0.5cm程度小さいサイズを選んでいただくとフィットする場合が多いようです。
オブリークレディース
  • オブリーク
    レディース

  • 多くの靴は、人の足の形よりも細く突き出たつま先を持っています。足の入らない「捨て寸」と呼ばれる空間を設けることで、靴をスマートな形にしているのです。
    オブリークは、この「捨て寸」を小さくして人の足の形に近づけた、いわば「足なり」型の木型。足指あたりを幅広にとり、幅の広い足でも圧迫感がないように設計されています。
    メンズのオブリーク木型をベースに、女性の足に合いやすい形状に修正しました。「足なり」型のオブリークの特徴はそのままに、幅をやや細く、カカトを小さくしています。
    柔らかい曲線を描きながらも、メンズのものよりもほっそりした印象の靴になります。

    [フィットについて]
    「EE」相当のやや幅広の木型です。
    細身のパンプスなどを履かれている方は、現在お履きの靴のサイズより、0.5cm〜1.0cm程度小さいサイズを、幅広の靴をお履きの方は、現在お履きの靴のサイズと同じ、または0.5cm程度小さいサイズを選んでいただくとフィットする場合が多いようです。
  • ラウンドとオブリーク
  • オブリーク木型とラウンド木型の違いはつま先から甲にかけての形状です。オブリークは足指あたりを広くとった、人の足に近い形。ラウンドはほどよく丸みを帯びたつま先です。
ラウンドメンズ
  • ラウンド
    メンズ

  • ほどよく丸みを帯びたつま先の、飽きのこないスタンダードな形の木型です。
    ビジネス革靴に比べてつま先部分に幅と厚みがあります。コトカの多くは、先芯という固い部材を入れない、つま先まで革が馴染む設計です。このラストのつま先の厚みが、そうした靴を、スマートな外観ながら足指あたりにゆとりがあるものにします。
    甲周りはややタイトに設計されており、細い足でもしっかりホールドする靴になります。

    [フィットについて]
    「D」〜「E」相当の標準的か、ややタイトな木型です。
    木型はタイトですが、コトカの靴はライニングを使わない一枚革のものが多く、馴染みが良いため、やや幅広の足の方にもフィットします。
    細身のドレス革靴を履かれている方は、現在お履きの靴のサイズと同じか、0.5cm程度小さいサイズを、幅広の靴をお履きの方は、現在お履きの靴のサイズと同じ、または0.5cm程度大きいサイズを選んでいただくとフィットする場合が多いようです。
ラウンドレディース
  • ラウンド
    レディース

  • スマートながら、ほどよく丸みを帯びたつま先が柔らかな印象の木型です。細身のフォルムですが、つま先から足指エリアにかけての丸みで指あたりの負担を減らして、履きやすい靴ができます。男性の足とは骨格や柔らかさの違う女性の足に合わせて設計しました。

    [フィットについて]
    「C」〜「D」相当の標準的か、やや細身の木型ですが、コトカの靴はライニングを使わない一枚革のものが多く、馴染みが良いため、やや幅広の足の方にもフィットします。
TOP