KOTOKAの革

一枚革が足を包む履き心地の靴、コトカ。厚手で頑丈ながら、しなやかで足馴染みの良い革を使っています。
いずれもが、数ある日本の革の中から選ばれた、個性的で味わい深い革です。
履く靴の革の生い立ちや個性を知っていただき、靴に一層の親しみを持っていただきたい。
そう考えて、それぞれの革について説明いたします。

栃木レザー
  • 栃木レザー

  • [この革の特徴]
    世界にその名を知られた日本のタンナー(革製造業者)、栃木レザー。100%植物タンニンを使って伝統的な方法でなめされる「本ヌメ革」をつくっています。なめしの後の仕上げ方法によって、様々な色、肌合い、しなやかさのヌメ革ができます。コトカが選んだのは、オイルをたっぷり含んで柔らかく、優しい艶を持ったもの。履き始めから柔く足を包みます。
    なめしの後の乾燥過程で生じた縮みなどにより、自然な肌目を持っています。革の部位によってスムーズであったり、シボ(表面の凹凸)があったり、と表情豊かな革なので、ひとつひとつの靴が個性的になりますが、どれも、ヌメ革らしい魅力的な風合いを楽しめるものです。履き込むと味わいを増し、明るい色の革の場合は、時と共に色合いが深まります。

    [お手入れについて]
    日々のお手入れはブラッシングで十分です。履いた後に毛足の長めのブラシ(馬毛がおすすめです)で靴のホコリを払ってください。ほんの数十秒でできる簡単なお手入れですが、履く度にブラッシングをすることで、長期間で大きな違いが出てきます。
    雨に濡れたり泥がついた場合は湿らせた布で拭き取ってブラッシングしてください。
    表面がカサついてきた場合や、艶を出したい時には、少量のシュークリームを靴全体に薄く伸ばし、ブラシや柔らかい布で磨いてください。どのような色の革にも使える無色のシュークリームが便利です。
    水を吸いやすい革です。少々濡れても革のしなやかさや耐久性が損なわれることはありませんが、明るい色のものにはシミができる恐れがあります。ひどく濡らさないようにお気をつけください。濡れた場合は日陰で数日かけて十分乾かしてから、シュークリームでお手入れしてください。
  • たつの蝋引き 揉みレザー
  • たつの蝋引き
    揉みレザー

  • [この革の特徴]
    兵庫県たつの市は、姫路の西に位置する日本最大の革の産地。鎌倉時代より革をつくってきた町です。その「たつの」のタンナー(革製造業者)で、タンニン仕上げ(二次なめし)し、蝋(ワックス)を染み込ませ、揉み加工して、手間をかけてつくられた革です。履いていない時は蝋分の影響でやや固く感じますが、履くと体温で柔らかくなり、足によく馴染みます。
    革に染み込んだ蝋分や揉み加工により、色の陰影や部分的なシボ(表面の凹凸)が生まれ、素朴で自然な風合いとなっています。これが、靴を履くにつれ深まる味わいとなります。

    [お手入れについて]
    日々のお手入れはブラッシングで十分です。履いた後に毛足の長めのブラシ(馬毛がおすすめです)で靴のホコリを払ってください。ほんの数十秒でできる簡単なお手入れですが、履く度にブラッシングをすることで、長期間で大きな違いが出てきます。
    雨に濡れたり泥がついた場合は湿らせた布で拭き取ってブラッシングしてください。
    表面がカサついてきた場合や、艶を出したい時には、少量のシュークリームを靴全体に薄く伸ばし、ブラシや柔らかい布で磨いてください。どのような色の革にも使える無色のシュークリームが便利です。
    防水スプレーは使用しないでください。革に含まれる蝋分の影響でシミとなる恐れがあります。
  • 姫路丘染め オイルドレザー
  • 姫路丘染め
    オイルドレザー

  • [この革の特徴]
    兵庫県の城下町、姫路は、隣のたつの市と並び日本の革づくりの中心地。多くのタンナー(革製造業者)が分業体制を取りながら、それぞれの専門分野で術を磨いています。原皮を素揚げの革にする一次なめし専門のタンナー、染色や仕上げ工程を行うタンナー、などです。
    この革も、姫路、たつの地域のいくつかのタンナーが分業体制でつくったものです。植物タンニンでなめしを行い、多くも手間をかけて仕上げられます。通常、革の染色は大きな回転ドラムに染料と多くの革を一度に入れて行われます。これを、台にのせた革に手作業で一枚一枚染めていくのが「丘染め」といわれる染色方法です。手による染めなので色の濃淡が生じますが、これが丘染めだけが持つ色の陰影となり味わい深い靴になります。
    染色の合間にそれぞれ数回行う、オイルやワックスの擦り込みやアイロンも手作業です。
    オイルによるしっとりした感触のスムーズは肌目。自然な濃淡と透明感のある色合い。こうした特徴的が、履くほどに味わいを深めます。

    [お手入れについて]
    お手入れは日々のブラッシングを中心に、艶を出したい時にシュークリームをお使いください。
    茶色い地色の革に手で染色を施しているため、肌目が摩耗したりキズが入ることで茶色い芯が見えてきます。そのままの風合いを楽しんでいただくこともできますが、色を戻したい場合は、革色と似た色のシュークリームで補色してください。少量のシュークリームを靴全体に薄く伸ばし、ブラシや柔らかい布で磨いてください。
    雨などで濡れた場合は日陰で数日かけて十分乾かしてから、シュークリームでお手入れしてください。
  • 新喜皮革 コードバン
  • 新喜皮革
    コードバン

  • [この革の特徴]
    コードバンは、馬のお尻の皮下層の、極く細密な繊維組織を持っている部分のみを取り出し、ガラスの玉で磨きをかけてつくる特殊な革。他の革とは明らかに違う滑らかさを持っている希少な革です。
    このコードバンをなめす事ができるタンナー(革製造業者)は世界でもわずかしかありません。そのひとつが兵庫県姫路市の新喜皮革です。100%植物タンニンでなめし、熟成させ、仕上げ、出荷するまでには10ヶ月近い長い時を要します。
    革の輝きもさることながら、コードバンでつくった靴の魅力はその履きジワです。大きく波打つシワが入りますが、細かな小ジワが全く出ないのです。その独特な雰囲気は遠目に見てもすぐわかる、コードバンならではものです。

    [お手入れについて]
    コードバンの靴は水に濡れるとその輝きを失い、水ジミが生じます。革そのものが傷んでしまうわけではありませんが、輝きを保つためには雨に濡らさないことが大切です。
    お手入れはオイル分の少なめに配合した専用のクリームをおすすめします。日々のブラッシングもお忘れなく。
  • TOP