KOTOKAの靴

  • 飛鳥ホールカット
  • 飛鳥ホールカット
  • 飛鳥ホールカット
  • 飛鳥ホールカット
  • 飛鳥ホールカット
  • 飛鳥ホールカット
  • 飛鳥ホールカット
  • 飛鳥ホールカット
  • 飛鳥ホールカット
  • 飛鳥ホールカット
  • 飛鳥ホールカット
  • 飛鳥ホールカット
  • 飛鳥ホールカット
  • 飛鳥ホールカット
  • 飛鳥ホールカット
  • 飛鳥ホールカット
飛鳥ホールカット メンズ
栃木レザー・ダークブラウン

¥33,000(税込)

つま先からカカトまでを一枚の革でつくるホールカットタイプの靴。センターに長めに配した靴紐が個性的なデザインです。 厚手の、しかし柔らかな栃木レザーを、敢えてライニング(裏張り)を使わず一枚革で使っています。このつくりが、革がやさしく足を包む履き心地の秘訣です。 ほどよく丸いつま先のラウンド木型を使用。カジュアルながら、洗練されたスタイルの靴に仕上がりました。

品番
: KTO-4000
レザー
: 栃木レザー
カラー
: ダークブラウン
ラスト
: ラウンド メンズ
サイズ
: 24.5~27.5cm
購入はこちらから すべてのコトカを見る

栃木レザー
世界にその名を知られた日本のタンナー(革製造業者)、栃木レザー。100%植物タンニンを使って伝統的な方法でなめされる「本ヌメ革」をつくっています。なめしの後の仕上げ方法によって、様々な色、肌合い、しなやかさのヌメ革ができます。コトカが選んだのは、オイルをたっぷり含んで柔らかく、優しい艶を持ったもの。履き始めから柔く足を包みます。
なめしの後の乾燥過程で生じた縮みなどにより、自然な肌目を持っています。革の部位によってスムーズであったり、シボ(表面の凹凸)があったり、と表情豊かな革なので、ひとつひとつの靴が個性的になりますが、どれも、ヌメ革らしい魅力的な風合いを楽しめるものです。履き込むと味わいを増し、明るい色の革の場合は、時と共に色合いが深まります。

[お手入れについて]
日々のお手入れはブラッシングで十分です。履いた後に毛足の長めのブラシ(馬毛がおすすめです)で靴のホコリを払ってください。ほんの数十秒でできる簡単なお手入れですが、履く度にブラッシングをすることで、長期間で大きな違いが出てきます。
雨に濡れたり泥がついた場合は湿らせた布で拭き取ってブラッシングしてください。
表面がカサついてきた場合や、艶を出したい時には、少量のシュークリームを靴全体に薄く伸ばし、ブラシや柔らかい布で磨いてください。どのような色の革にも使える無色のシュークリームが便利です。
水を吸いやすい革です。少々濡れても革のしなやかさや耐久性が損なわれることはありませんが、明るい色のものにはシミができる恐れがあります。ひどく濡らさないようにお気をつけください。濡れた場合は日陰で数日かけて十分乾かしてから、シュークリームでお手入れしてください。

この靴の木型とそのフィット感についてこの靴の木型とそのフィット感について

ラウンド
ほどよく丸みを帯びたつま先の、飽きのこないスタンダードな形の木型です。
ビジネス革靴に比べてつま先部分に幅と厚みがあります。コトカの多くは、先芯という固い部材を入れない、つま先まで革が馴染む設計です。このラストのつま先の厚みが、そうした靴を、スマートな外観ながら足指あたりにゆとりがあるものにします。
甲周りはややタイトに設計されており、細い足でもしっかりホールドする靴になります。

[フィットについて]
「D」〜「E」相当の標準的か、ややタイトな木型です。
木型はタイトですが、コトカの靴はライニングを使わない一枚革のものが多く、馴染みが良いため、やや幅広の足の方にもフィットします。
細身のドレス革靴を履かれている方は、現在お履きの靴のサイズと同じか、0.5cm程度小さいサイズを、幅広の靴をお履きの方は、現在お履きの靴のサイズと同じ、または0.5cm程度大きいサイズを選んでいただくとフィットする場合が多いようです。

この靴の木型とそのフィット感について

関連商品

TOP