KOTOKAの靴

  • 古都ホールカット
  • 古都ホールカット
  • 古都ホールカット
  • 古都ホールカット
  • 古都ホールカット
  • 古都ホールカット
  • 古都ホールカット
  • 古都ホールカット
  • 古都ホールカット
  • 古都ホールカット
  • 古都ホールカット
  • 古都ホールカット
  • 古都ホールカット
  • 古都ホールカット
古都ホールカット メンズ
たつの蝋引き揉みレザー・ダークネイビー

¥27,000+税

流れるようなラインがスマートな、つま先からカカトまで縫い合わせをしない一枚革でつくる、ホールカットタイプの靴。革が足を包み込む履き味です。 革は、兵庫県たつの市でなめされ、蝋(ワックス)を染み込ませて揉み仕上げしたもの。履き込むと、色の濃淡が生まれ、経年変化の味わいとなります。 ほどよく丸いつま先のラウンド木型を使用。

品番
: KTO-6000
レザー
: たつの蝋引き揉みレザー
カラー
: ダークネイビー
ラスト
: ラウンド メンズ
サイズ
: 24.5~27.5cm
購入はこちらから すべてのコトカを見る

KOTOKAの試し履き、こちらで出来ます KOTOKAの試し履き、こちらで出来ます

KOTOKA展示体験コーナー イメージ写真

「KOTOKA展示体験コーナー」

KOTOKAを手に取ってご覧いただき、試し履きしていただけるコーナーです。一枚革の柔らかな履き心地やサイズ感をご確認いただけます。お近くの方はぜひ一度、お越しください。

※この「KOTOKA展示体験コーナー」では販売は行なっておりません。お買い求めの場合は、こちらのウェブサイトよりオンラインストアにアクセスしてください。

KOTOKA展示体験コーナー イメージ写真

東京

  • FANS.(ファンズ) 新橋店 店舗写真
  • FANS.(ファンズ) 新橋店 店舗写真

    FANS.(ファンズ) 新橋店

    〒105-0004 東京都港区新橋2-17-14
    JR東日本 新橋駅構内 (SL広場前)
    ☎︎03-6228-5155

    営業時間:平日  11:00~20:00 土日祝 11:00~19:00

大阪

奈良

  • 奈良 蔦屋書店 店舗写真
  • 奈良 蔦屋書店 店舗写真

    奈良 蔦屋書店

    〒630-8013 奈良県奈良市三条大路 1-691-1
    奈良県コンベンションセンター内
    ☎︎0742-35-0600

    営業時間:10:00〜19:00

たつの蝋引き揉みレザー
兵庫県たつの市は、姫路の西に位置する日本最大の革の産地。鎌倉時代より革をつくってきた町です。その「たつの」のタンナー(革製造業者)で、タンニン仕上げ(二次なめし)し、蝋(ワックス)を染み込ませ、揉み加工して、手間をかけてつくられた革です。履いていない時は蝋分の影響でやや固く感じますが、履くと体温で柔らかくなり、足によく馴染みます。
革に染み込んだ蝋分や揉み加工により、色の陰影や部分的なシボ(表面の凹凸)が生まれ、素朴で自然な風合いとなっています。これが、靴を履くにつれ深まる味わいとなります。

[お手入れについて]
日々のお手入れはブラッシングで十分です。履いた後に毛足の長めのブラシ(馬毛がおすすめです)で靴のホコリを払ってください。ほんの数十秒でできる簡単なお手入れですが、履く度にブラッシングをすることで、長期間で大きな違いが出てきます。
雨に濡れたり泥がついた場合は湿らせた布で拭き取ってブラッシングしてください。
表面がカサついてきた場合や、艶を出したい時には、少量のシュークリームを靴全体に薄く伸ばし、ブラシや柔らかい布で磨いてください。どのような色の革にも使える無色のシュークリームが便利です。
防水スプレーは使用しないでください。革に含まれる蝋分の影響でシミとなる恐れがあります。

この靴の木型とそのフィット感についてこの靴の木型とそのフィット感について

ラウンド
ほどよく丸みを帯びたつま先の、飽きのこないスタンダードな形の木型です。
ビジネス革靴に比べてつま先部分に幅と厚みがあります。コトカの多くは、先芯という固い部材を入れない、つま先まで革が馴染む設計です。このラストのつま先の厚みが、そうした靴を、スマートな外観ながら足指あたりにゆとりがあるものにします。
甲周りはややタイトに設計されており、細い足でもしっかりホールドする靴になります。

[フィットについて]
「D」〜「E」相当の標準的か、ややタイトな木型です。
木型はタイトですが、コトカの靴はライニングを使わない一枚革のものが多く、馴染みが良いため、やや幅広の足の方にもフィットします。
細身のドレス革靴を履かれている方は、現在お履きの靴のサイズと同じか、0.5cm程度小さいサイズを、幅広の靴をお履きの方は、現在お履きの靴のサイズと同じ、または0.5cm程度大きいサイズを選んでいただくとフィットする場合が多いようです。

この靴の木型とそのフィット感について

関連商品

TOP