KOTOKAの靴

  • 一枚革ダービー
  • 一枚革ダービー
  • 一枚革ダービー
  • 一枚革ダービー
  • 一枚革ダービー
  • 一枚革ダービー
  • 一枚革ダービー
  • 一枚革ダービー
一枚革ダービー レディース
姫路丘染めオイルドレザー・ブラック茶芯

¥30,000+税

つま先からカカトまで続く、敢えてライニング(裏張り)をしない一枚革の紐靴です。革がやさしく足を包み込む、独特の履き心地が楽しめます。
姫路でなめされ、染められたレザーは陰影ある色合いが特徴。履いて聞くとさらに味わい深い表情になります。
木型は足指あたりに幅のあるオブリークタイプ。ゆったりと履いていただけます。

品番
: KTO-2002L
レザー
: 姫路丘染めオイルドレザー
カラー
: ブラック茶芯
ラスト
: オブリーク レディース
サイズ
: 22.0〜24.5cm
購入はこちらから すべてのコトカを見る
この靴の革との革とお手入れについてこの靴の革との革とお手入れについて

姫路丘染めオイルドレザー
兵庫県の城下町、姫路は、隣のたつの市と並び日本の革づくりの中心地。多くのタンナー(革製造業者)が分業体制を取りながら、それぞれの専門分野で術を磨いています。原皮を素揚げの革にする一次なめし専門のタンナー、染色や仕上げ工程を行うタンナー、などです。
この革も、姫路、たつの地域のいくつかのタンナーが分業体制でつくったものです。植物タンニンでなめしを行い、多くも手間をかけて仕上げられます。通常、革の染色は大きな回転ドラムに染料と多くの革を一度に入れて行われます。これを、台にのせた革に手作業で一枚一枚染めていくのが「丘染め」といわれる染色方法です。手による染めなので色の濃淡が生じますが、これが丘染めだけが持つ色の陰影となり味わい深い靴になります。
染色の合間にそれぞれ数回行う、オイルやワックスの擦り込みやアイロンも手作業です。
オイルによるしっとりした感触のスムーズは肌目。自然な濃淡と透明感のある色合い。こうした特徴的が、履くほどに味わいを深めます。

[お手入れについて]
お手入れは日々のブラッシングを中心に、艶を出したい時にシュークリームをお使いください。
茶色い地色の革に手で染色を施しているため、肌目が摩耗したりキズが入ることで茶色い芯が見えてきます。そのままの風合いを楽しんでいただくこともできますが、色を戻したい場合は、革色と似た色のシュークリームで補色してください。少量のシュークリームを靴全体に薄く伸ばし、ブラシや柔らかい布で磨いてください。
雨などで濡れた場合は日陰で数日かけて十分乾かしてから、シュークリームでお手入れしてください。

この靴の革との革とお手入れについて
この靴の木型とそのフィット感についてこの靴の木型とそのフィット感について

多くの靴は、人の足の形よりも細く突き出たつま先を持っています。足の入らない「捨て寸」と呼ばれる空間を設けることで、靴をスマートな形にしているのです。
オブリークは、この「捨て寸」を小さくして人の足の形に近づけた、いわば「足なり」型の木型。足指あたりを幅広にとり、幅の広い足でも圧迫感がないように設計されています。
メンズのオブリーク木型をベースに、女性の足に合いやすい形状に修正しました。「足なり」型のオブリークの特徴はそのままに、幅をやや細く、カカトを小さくしています。
柔らかい曲線を描きながらも、メンズのものよりもほっそりした印象の靴になります。

[フィットについて]
「EE」相当のやや幅広の木型です。
細身のパンプスなどを履かれている方は、現在お履きの靴のサイズより、0.5cm〜1.0cm程度小さいサイズを、幅広の靴をお履きの方は、現在お履きの靴のサイズと同じ、または0.5cm程度小さいサイズを選んでいただくとフィットする場合が多いようです。

この靴の木型とそのフィット感について

関連商品

KOTOKAの試しばき

コトカの販売は
ウェブサイトからのみとなりますが、
靴を手にとって、試し履きのできる
「KOTOKA展示体験コーナー」が、
高島屋大阪店2F
婦人靴売場にございます。
(2021年2月28日までの
期間限定での展開です)

KOTOKAの試しばき
TOP